今度の設定8/29版

普通にインストール後

  1. APTonCDで復元→エラーはでたけど、アップデートマネージャー★の分が少し復元したっぽい。いつも100ぐらいあるのが少し早くなったような気がする。
  2. 公式日本語化→相変わらず2時間以上かかる。APTonCDとは無関係の模様
  3. アップデートマネージャー★
  4. 日本語表記のフォルダを英語に $ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
  5. ClamTk Virus Scanner をインストール。
  6. フォントをtakaoExに変更→やっぱりtakaoPに戻した
  7. keepassXインストール
  8. chromeインストール
  9. Thunderbird Mail の.defaultコピー
  10. プリンタドライバインストール
  11. CHROME ウェブストアでいれたもの→Bookmarks Menuも。
  12. GYAOを見るには→silverlightは入れなくてもいい。
    今度は
    Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.63 Safari/537.36と
    Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; SonyEricssonIS11S Build/4.0.1.B.0.112) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1にしてみた。
    アンドロイドの方は回線が混んでると思われる時に切り替えてる。
  13. MINTのデスクトップにゴミ箱
  14. cinnamon setteingのthemeをMictlanにしたあとDATEを書式設定→%Y-%m-%d(%a) %H:%M
    そういやcinnamon setteing の日本語化ずーと調べてるけどわからんまま。
    気合と雰囲気で使ってるけど。
  15. いつも使ってるものをちまちまHDDから移動
  16. マイクが使えないみたいのgnome-alsamixerインストールと音量設定固定
    # sudo alsactl store
  17. geditの文字化け直す。
    他所様の設定を見てみるととっても参考になる

    $ gsettings set org.gnome.gedit.preferences.encodings auto-detected “[‘UTF-8′,’CURRENT’,’SHIFT_JIS’,’EUC-JP’,’ISO-2022-JP’,’UTF-16′]“

    $ gsettings set org.gnome.gedit.preferences.encodings shown-in-menu “[‘UTF-8′,’SHIFT_JIS’,’EUC-JP’,’ISO-2022-JP’,’UTF-16′]“

  18. libreofficeを3.5から4.1に

さすがに3回目は疲れた。もうnvidiaのドライバーは入れません。ctrl+alt+backspaceに何度もお世話になりましたが、しばらく普通の環境で普通に使いたいです。凹み。

広告

3周目の再インストール

やっぱりディスプレイドライブいれたくなり、追加のドライバーから<推奨>を入れたところ、見事に失敗。モニターにno signalと表示されてディスプレイが映らない。

Grubのrecovery mode起動でもちょっと変。自業自得ながら、いつもどおりなんでもかんでも試す。

USBで起動してデータは外付けHDDに拾ったが、隠しファイルと権限がよくわからず。ネット見ながらGUIに頼りました。チキンですんません。

本当はxorg.conf を書きなおしたらいいらしいが、書き方がわからず。

USBからの起動だと日本語入力出来なくて、調べ物するにもまじ不便。これってmozc入れて保存しとけばいいのかなぁ?

泣く泣く再インストール。とどめは再インストール後にマウスが反応しない。ディスクの初期化をしなかったのがよろしくなかった模様。
しゃーないので再々インストール。今度は初期化もしました。

よくネットでGrubは壊れるとの書き込みをよく見ていたので、壊れるかと思ったが、Grubインストールのまま再インストールできてラッキー。XPもまだ普通に動きます。まぁ、そっちの設定はいじってないしね。

追記:

なんでかよくわからんままGrubのメニューが英語から日本語表示になった。

不便してないからいいけどw

LPI-Japanの「Linux標準教科書」

LPI-Japanの「Linux標準教科書」を身の程知らずでダウンロード。
http://www.lpi.or.jp/linuxtext/text.shtml

コマンドが初心者向けで大変ありがたいっす。

無料で公開していただけて、これで覚えられるのってすごいなぁ。とりあえず56ページまでは真面目にやったけど、前回ubuntu magazineのコマンド再入門でもパイプあたりから怪しいんだよなぁ。先が思いやられる。

あ、なんでもかんでも動かんとsudoつけるようになりました。
しかもコマンド終わったら、viだべ。
あはははは。(乾いた笑い)
やばいよ。やばいっすよ。

他所様の設定を見てみるととっても参考になる

http://d.hatena.ne.jp/EdgarPoe/20130416

そうそう。こんな風にまとめるのが理想。

もう今更遅いが。

たくさん情報ありがとうございます。とっても参考になります。

  • 超グラフィックドライバーいれたーい。(多分死亡フラグ)
  • geditで開くといっつも文字化けしてました。これもとても参考になります。
  • zipの文字化け、どうしようと思ってました。ラッキー。

しかしubuntuどこまで設定があるんだ。奥深すぎて涙でそう。

PlayonLinuxに挫折した人

中身はwineらしいけど、使いやすそう。

http://ubuntuapps.blog67.fc2.com/blog-entry-404.html

と思ったけど、いざインストールするとよくわからない。

ソフトウェアの管理も途中で止まるし、なんかいやな雲行き。

詳しい解説

http://namakemono.6.ql.bz/web/index.php?a=ubuntu&b=PlayOnLinuxInst

http://namakemono.6.ql.bz/web/index.php?a=ubuntu&b=PlayOnLinuxUse

あーのー、結構めんどくさいです。特にインストールなしのアプリケーションが。

もういいやとソフトウェアの管理から削除したらwineだけがメニューに残ったwわろた。

ゲームはたくさん動くらしいので、その用途なんでしょう。

とりあえず、インストールして使うアプリケーションのものとして自分の中では分類。

また必要になったらよろしくー。

libreofficeを3.5から4.1に

libreofficeを3.5から4.1にしたのはいいんだけど。

またインストールでエラーが!

http://1204lts.blogspot.jp/2013/03/libreoffice40ppa.html

を参考に

https://launchpad.net/~libreoffice/+archive/libreoffice-4-1

Adding this PPA to your system
You can update your system with unsupported packages from this untrusted PPA by adding ppa:libreoffice/libreoffice-4-1 to your system’s Software Sources. (Read about installing)

太字にした部分をppaで加えた。

sudo add-apt-repository ppa:libreoffice/libreoffice-4-1

を端末でしたあとにlibreoffice4.1PPA登録エラー

Executing: gpg –ignore-time-conflict –no-options –no-default-keyring –secret-keyring /tmp/tmp.0tlWDfrBF5 –trustdb-name /etc/apt/trustdb.gpg –keyring /etc/apt/trusted.gpg –primary-keyring /etc/apt/trusted.gpg –keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80/ –recv 36E81C9267FD1383FCC4490983FBA1751378B444
gpg: 鍵1378B444をhkpからサーバーkeyserver.ubuntu.comに要求
gpg: 鍵1378B444: 公開鍵“Launchpad PPA for LibreOffice Packaging”を読み込みました
gpg: 絶対的に信用する鍵が見つかりません
gpg: 処理数の合計: 1
gpg: 読込み: 1 (RSA: 1)

がでてる。「公開鍵読み込みました」の後に、「絶対的に信用する鍵が見つかりません」の意味がわからん。強行する。

sudo apt-get update

sudo apt-get install libreoffice

時間かかったけど、updateとinstallは無事終了。

もうこういうもんなんだと思ってほおってある。

いまのところ、アップデートマネージャーに公開鍵がないと怒られてはいない。